Author Archive

日差しが強いとシミが・・・・。

今日は朝から本当に暑い一日でした。
昼間に自転車に乗って15分くらい走ったのですが、
顔も腕もじりじりと焼けるような感触でした。
肌は焼きたくないから、長袖を着たいくらいだけど、
なんといってもこの夏は本当に暑い。

肌を焼くことは長年の経験上シミが出ることは分かっています。
けれどどうしても暑さでつらい。
長袖なんて無理。

思えば若い頃は周りが小麦色に焼けた人ばかり。
それもわざと焼いたりして、真っ黒になってました。
それがかっこよかったしおしゃれだったんです。
なんでなのかよくわからない。

そう言えば髪型だってそう。
みんな前髪が外巻きでそれをくしゃくしゃと無造作に・・・。
でも今その当時の写真を見ると変。
流行とは本当に不思議なものです。

でも、真っ黒に焼けていたあの当時の女子は、
今頃はさぞや後悔しきりではないかと思われます。
私めもその一人です。なんせシミが本当に隠せなくなってきた。
シミを少しでも薄くする化粧品はないかと、
ネットやドラッグストアを探し回る私です。

だって・・・長袖は無理(泣)

健康的に・・・・・。

私はがりがりで、小さい頃から太れない体質。
よく同級生に「小骨」と呼ばれ、
ぶつかると骨を抜く真似をされました(笑)

なので、わざとぶつかって抜いてあげたり(笑)
なんてバカなことをやってましたが、
本人的にはかなり切実でした。

夏場が特に嫌ですね。
半袖になると、皆さんの視線が別の意味であるわけです。
「うわ~~~っ!」って感じだと思うんですね。
今は20歳の子供のいる私ですが、
娘が幼稚園の頃のお母さんに夏に会うと決まって
「また痩せた?!大丈夫?」
と心配されます。

ちょっとふくよかな人にはうらやましがられますが、
ちょっとそこまで痩せたくないわと絶対思ってる(泣)

でも、よく痩せてる人は太ってる人のダイエット法が、
太るのによいと聞いたことがあります。
結局のところ、ダイエットって言うのは、
健康的に痩せさせるわけだから、
痩せてる人をも健康にしてくれるんじゃないかしら。

そうすると、痩せてる人は逆に健康的に太れるかもと言うわけで・・・。
今話題の酵素系の食品は、胃腸にもいいと言うし。

私の場合、胃腸の弱いことから痩せてるので、
ダイエットサプリメント・・・・ちょっと試して健康的に太れるかも。

ミュゼうなじ 脱毛

きいっちゃん

私の年下の友達が最近子供を産んだ。
男の子で名前を「喜一郎」君と言うので、
「きいっちゃん」と呼んでいる。

私はもうすぐ50歳なので彼女の子供がまるで孫のよう。
なんだかすぐ会いたくなって、なんとかならないかと思うが、
彼女も忙しいのでなかなか自分からは誘えない。

30歳になったばかりだから、
私と19歳も違う。
お母さんは52歳だそうだ。
こんな私とよくお友達になってくれたと嬉しく思う。

その「きいっちゃん」だが、彼女が写真を送ってくれたので、
携帯ですぐに見られるようにしてある。
先日はハロウィンの格好の写真が届き、
これがますますかわいい。
「きいっちゃん」は不機嫌そうだが・・・。(笑)

それを娘に見せたら、
「うわ~~~~!!すごい。」
と言うので何がと言うとまゆ毛だと言う。
あれ?そうかしら・・・。

「ちょっと笑えるくらい毛深い男になりそう。」
まあ失礼な・・・ママの「きいっちゃん」を。

でも、よ~~~く見ると確かに眉毛が繋がっている!!
かわいいかわいいと思っていたが、そこがもしかしたらいいのかも。
だって・・・かわいいのに眉毛が両津勘吉だよ。
かわいすぎだろ~~~。

娘には変だと言われるが、ますますかわいいと思う私です。
剛毛万歳!

初めてのお化粧

私が初めてお化粧をしたのは、
大学の合唱団の演奏会があり、
舞台映えさせるために化粧をすると先輩から言われ、
母の化粧品を借りて、適当にお化粧したのが始まりだ。

丁度19歳になったばかりで、
もうそろそろ化粧もしなくちゃなあと思っていたので、
それをきっかけにするようになった。

それから、バイトをしたり、
社会に出たりで、少しずつ自分用の化粧品も増えていき、
だんだんと上手くなっていった。

まあ、上手くなったと言っても、
人並み以下ではあったと思う。
わりと地味な顔立ちではないので、
ちょっとお化粧をすると、
まあそれくらいで大丈夫みたいになるためうまくはならない。

でも近頃、年のせいもあるのだが、
昔よりも化粧品にはこだわるようになったし、
お化粧も、アラフィーになってようやく自分にあったやり方で、
出来るようになった気がする。

これからまだまだ女として、
20年30年あるわけなので、
もっともっとお化粧にこだわって、
綺麗になって行きたいと思う。

お試しセットは楽しい

只今、化粧品のお試しセットを試しています。
敏感肌ではないけれどそんな丈夫でもない。
試してみているのはもらいものの敏感肌用の化粧品。
なかなかかわいい容器に入っているので、
ちょっと楽しみながら試している。

久しぶりにお試しセットなんか手に入ると、
こんなに心踊るのかなと今更ながら思っている。
使う前にそのセットを取りだすだけでなんだかわくわく。

もう化粧品はこれだと決めているけれど、
楽しみのために使うのもいいものだと思う。
やっぱり女子ですからコスメは気になる。
試してみてよさそうなら使いたいし、
普段使えないような高級なものもお試し価格だから、
気兼ねなくゲットできる。

今回の敏感肌用のお試しセットは、
マッサージが複雑。
化粧水は2度つけてそのつど頬を持ち上げるとか、
額と顎を手で包むとか・・・ちょっと面倒。

でも面倒をかけてあげた方が肌も喜ぶかも。
そう思いながらていねいに塗っていく。
そんな風に頑張っている自分を第三者的に見るのも楽しい。

うなじが気になる

51歳にして久しぶりに保育の仕事をしています。
15年ぶりかなあ。
朝と夜の2時間くらいなんだけど、
近所の保育園にパートに出てます。

かわいいよ~~~。
もう、ね、孫のような感じなんです。
ついほっぺ触っちゃうし、むぎゅ~~ってしちゃうし、
お母さんたちに怒られちゃうかなあ。

でも子供はむぎゅが結構好きなのです。
あっちから来られたら特にムギュってしちゃう。
自分からくるんだよ。して欲しい時はしてあげるのが一番!
お母さんが恋しいけどまあ・・・このばあちゃんで仕方ないかって感じかな。
そんな子供はもう、お母さんの分までムギュしちゃうもんね。

で、私は髪が長いので、
保育園に行くときはポニーテールにしてます。
51歳でポニーテールってか(笑)
結構似合うと22歳の娘からは好評なんだぞ。

で、首の横らへんに結構産毛がある。
なので一生懸命ミストやディップで上に上げるのですが、
どうせグチャグチャになってしまうので、
最近は諦めてる。
でもさ、後ろを鏡で見てみると、
とっても産毛や後れ毛が目立つんです。

せめて綺麗なポニーテールでありたい。
だって・・・お年頃ですから(笑)
っていうか首筋の綺麗さは若者には負けるから毛くらいなんとかしたい。

で!脱毛サロンに行くことにしたんです。
なんでもうなじの脱毛が結構お値打ちに出来るらしい。
おまけにお肌も綺麗になっちゃうんだって!

よし!51歳の脱毛デビューはうなじで決まり!
子供たちを綺麗なうなじで驚かそうっと。
(多分気がつかない・・・・)

毛深いのは嫌だけど

私はどちらかというと毛深い。
いや、剛毛です。

小さい頃はそりゃあ苦労した。
一つしたの妹は全然生えてないのに、
私は黒い長い毛がもさもさ。
絶対お父さんのせいだ。
だってお父さんは本当に剛毛なんだもん。

体は小さくて細いのに胸毛があって、
ちょっと格好悪かったんだよね。
やっぱりさ、胸毛は筋骨隆々でないと・・・。
お父さんはまるで今で言えばアンガールズの田中の胸毛姿。

だって・・・小さい頃は似てるのやだった。
長女は大体父親に似るんだよね。

でも、小さいお父さんだけどとっても厳しくて、
そしてとっても優しかった。
だから似てるの以外は父に対しては不満はない。

妹に内緒で絵本も買ってくれたり、
大きくなってからは一緒に居酒屋も行ったなあ。
今は小さい体がもっと小さくなって、
剛毛もなんだか影を潜めている。

私のムダ毛は未だにスゴイが、
脱毛サロンできれいにしてもらったし、
今ではお父さんに似てること、結構気に入ってるんだよ。
これでも可愛いって言われるし。

それに・・・・髪の毛は白髪がないのです。
お父さんもそういえば白髪、長いことなかったな。
感謝ですね(笑)

ミュゼ 足脱毛

20年くらい前に浅草の三社祭に行った

25年間生まれ育った愛知を離れ、
結婚と同時に埼玉県に来た私。

右も左も分からない関東で、
ホームシックに泣きながらも5年ほどたった20年前、
私は夫と浅草の三社祭に行った。

5月とは言え真夏のような暑さの中、
若い女性の御輿を担ぐ勇ましい姿にうっとりとしつつ、
活気あふれる浅草を満喫していたのだが、
突然、顔が無性に痒くなってきたのだ。

なんなんだ!!この痒み。うわーうわー。
でも爪でひっかいてかくわけにはいかない。
なんたって顔ですもの、顔!
人様に見せる部分ですからね。

で、手でなぜまくって叩きまくって、
まあ悲惨な状況の中、
こりゃおかしいと夫に話したら、
「うわ~~~、真っ赤になってるし、
腫れてるぞ!」

急いで近場の喫茶店のトイレに直行し、
鏡を見たらなんじゃこりゃ!
顔がお岩さんの如く腫れておる。

もう三社祭どころではなく慌ててうちへ帰った。
原因は多分ファンデーションではないかとかかったお医者さまの話。
3日ほど前にメーカーの違うファンデーションを購入した。

それかもしれないけれど、
なんせそのファンデーション敏感肌用の間違いない品物。
医者の言うことなのでわからないけど、
三社祭りの誇りと太陽も関係あった気がするんだよね。

でもその時のファンデーションのメーカーの化粧品は、
未だに使うのが怖い。
本当はなんだったんだろう・・・あのボコボコのひどい顔の原因。

乾燥肌で苦労

乾燥肌です。
それもかなりひどいと思います。
自分では「砂漠か!」と思っています。

まず、秋になると顔が粉吹いてきます。
そしてファンデーションがのらないし、
すぐ取れてしまうので何度も塗る。
でものらないのでやっても無駄。
でもなんとかしたくて諦めずに塗ってます。

そして手荒れがひどい。
普通のことをやってはいけないらしく、
(たとえばお湯で手を洗うとか)
ほっておくとすぐに割れてきて血が出ます。

毎年冬は絆創膏の消費量が半端じゃない。
もうどうすればいいの?

それに今年からまた保育の現場に舞い戻ったので、
(私は現在51歳。以前は保育士だった)
久しぶりにオチビさんのおむつ替えをしているので余計荒れ荒れ。

それから足もひどい。
いつもかきまくっているのでかさぶたがたくさんある。
見苦しいにもほどがあるのだ。

で、皮膚科に行ってきました、今年は。
だって悲惨なんだもん。
そしたらお医者様に言われました。
とにかく保湿だと。
いつも台所や玄関に保湿クリームを置いとけと。
そこまでしていないので目からウロコ。
人よりも乾燥肌なのに人と同じにしていてはいけないということですね。

なので、保湿クリームを3瓶程買ってきました。
いつでも使えるように・・・・。
これで乾燥肌が少しは改善するかなあ。

カテゴリー
お気に入り