20年くらい前に浅草の三社祭に行った

25年間生まれ育った愛知を離れ、
結婚と同時に埼玉県に来た私。

右も左も分からない関東で、
ホームシックに泣きながらも5年ほどたった20年前、
私は夫と浅草の三社祭に行った。

5月とは言え真夏のような暑さの中、
若い女性の御輿を担ぐ勇ましい姿にうっとりとしつつ、
活気あふれる浅草を満喫していたのだが、
突然、顔が無性に痒くなってきたのだ。

なんなんだ!!この痒み。うわーうわー。
でも爪でひっかいてかくわけにはいかない。
なんたって顔ですもの、顔!
人様に見せる部分ですからね。

で、手でなぜまくって叩きまくって、
まあ悲惨な状況の中、
こりゃおかしいと夫に話したら、
「うわ~~~、真っ赤になってるし、
腫れてるぞ!」

急いで近場の喫茶店のトイレに直行し、
鏡を見たらなんじゃこりゃ!
顔がお岩さんの如く腫れておる。

もう三社祭どころではなく慌ててうちへ帰った。
原因は多分ファンデーションではないかとかかったお医者さまの話。
3日ほど前にメーカーの違うファンデーションを購入した。

それかもしれないけれど、
なんせそのファンデーション敏感肌用の間違いない品物。
医者の言うことなのでわからないけど、
三社祭りの誇りと太陽も関係あった気がするんだよね。

でもその時のファンデーションのメーカーの化粧品は、
未だに使うのが怖い。
本当はなんだったんだろう・・・あのボコボコのひどい顔の原因。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り